改正 FIT 法について
〜 太陽光発電システムのメンテナンス義務化の可能性 〜

そもそも FIT 法とは固定価格買取制度といい、太陽光発電で発電した電力を一定期間、固定の価格で電力会社が買い取るしくみです。
“今回の改正 FIT 法では太陽光発電を認定するための条件が追加”

改正 FIT 法の太陽光発電システムのメンテナンスに関わる3つの Point

今回の改正法でメンテナンス義務の対象になる太陽光発電は?

認定基準によると

―現状と今後について―

ただ、「住宅用太陽光発電(10kw 未満)については、基準を適用させないことを想定」という記載から、現在は 住宅用がメンテナンス義務化の対象にはなっていません。

しかし、改正された FIT 法ではメンテナンスの項目が追加されました。メンテナンス義務の対象は「認定を受け た太陽光発電」との記載から、段階的に住宅用も対象になる可能性があります。

なので、新認定基準から「今後は全てのものを対象にしていくこと」が将来的な目的と想定できるので早めの対 策が必要です。

当社では、発電の要となる太陽光パネルの洗浄から、唯一の精密機械である心臓部にあたるパワーコンディショ ナーの点検を行うメンテナンスサポートプランがあります。

詳しくはお問い合わせ下さい
info@j-solarsystem.co.jp